フリーランス美容師のすすめ

インボイス制度がフリーランス美容師を殺す?デメリットを紹介

こはま
巷で話題のインボイス制度
インボイス制度が導入される事で、フリーランス美容師に色々なデメリットが生じる可能性があります

今日はそんなインボイス制度について、
『フリーランス美容師にどんなデメリットがあるのか?』を、
分かりやすく、簡潔にお伝えしていきます

今回の内容
・インボイス制度を簡単に説明

・どんなフリーランス美容師がインボイス制度の影響を受ける?

・インボイス導入でどんなデメリットがある?

・インボイス制度導入で、僕たちが出来る対策

面貸し美容師/委託美容師さん等
フリーランス美容師必見です

 インボイス制度ってどんな制度?

フリーランス美容師
インボイス制度って、どんな制度?

こはま
フリーランス美容師にとって、インボイス制度ってどんな制度なのか?
について、簡単に説明します

インボイス制度のデメリットだけを
知りたい方は飛ばしてもOK→スキップ

インボイス制度とは

「インボイス制度」とは、ずばり「消費税の課税事業者に対して、適格請求書などの保存を仕入税額控除の新たな要件とする制度」のこと。ごく簡単に言うと「仕入れの時に特別な請求書を受け取らないと、納める消費税が増えてしまうよ」という制度です。2023年(令和5年)10月1日からの導入が予定されています。
引用: 個人事業主メモ

っと、いう制度です

。。。これでも、よく分からないと思いうので

『僕たちフリーランス美容師が押さえておきたいポイントは?』

2023年から導入される制度
領収書を発行する際にナンバーが必要
売り上げが1000万以上か未満の免税事業者が特に注意
売り上げが1000万未満の場合は(免税事業者)の場合は、
お客様に発行した領収書の消費税分が経費(お客様の)で扱いに出来なくなる

【免税事業者が発行した領収書の場合】
例えば

今まで
カット 6000円
消費税 600円
計6600円

お客様が
経費として落とせるのは6600円

インボイス制度後
カット 6000円
消費税 600円
計6600円

お客様が経費として落とせるのは、
消費税を抜いた6000円

今までは、消費税分も経費で扱いになっていたのが
インボイス制度導入後
免税事業者が発行した領収書の消費税は経費に出来ない

その為、免税事業者が発行する領収書の場合、
消費税分(600円)の経費がお客様の負担になる

※免税事業者とは
→売り上げが1000万未満の、消費税を免除されてたフリーランス美容師

その場合、お客様が消費税を納めている美容師のお店に
移ってしまうリスクがあります

これこそが、
僕たちフリーランス美容師が気にすべき
【インボイス制度のポイント】です

 インボイスでフリーランスの面貸しの歩合が下がる?

スタイリストとお客様間で会計している場合は、
先ほど言った様な失脚のリスクが出てきます

こはま
では、お店がレジを管理している面貸し/業務委託美容室の場合はどうでしょう?

その場合は
『面貸し/委託美容室の歩合が下がる可能性』があります

その理由は、インボイス制度の導入後
【スタイリストが消費税を払っていない事で、お店の利益が下がる】からです

何故利益が下がるのか?
ここからは、面貸し(シェアサロン)の経営者としての目線でお話します
※飛ばしてもOK スキップ

面貸しや、委託美容室の売り上げは

スタイリストに売り上げの65%を支払う
例えば80万円(税込)の65%→52万(税込)

お店は、
52万円を払って28万円が売り上げになります
この売り上げ28万の中に消費税が入っています

80万円の売り上げで、経費が52万円で、利益が28万円です

そして、この52万円は面貸し/委託美容室では経費になります

しかし、インボイス制度が導入される事で、52万円を支払ったのに
52万から消費税を抜いた46.8万円しか経費になりません

約5.2万円経費にならず、年間62.4万円分経費が無くなります

出費は52万円だけど、実際の経費は46.8万円しか経費にならない
当然お店の利益が減ります

そうなると、面貸しや委託美容室はインボイス制度の対策を検討します

それこそが今回の本題
『フリーランス美容師にとってどんなデメリットがあるのか?』です

 インボイス制度の影響を受けるフリーランス美容師は?

インボイス制度導入がデメリットになるのは
売り上げが1000万円未満のフリーランス美容師
(消費税を免税されている(免税事業者)フリーランス美容師)

です

すでに年間売り上げが1000万円を超えているフリーランス美容師は、
若干の手間は増えますが、そこまで影響はありません
(お店の対応によっては影響あり)

問題は、
1000万未満のフリーランス美容師です

必ずしも『デメリットになる』と言う訳ではなく
今後の、面貸し/委託美容室の対応次第で変わります

 インボイス導入でフリーランス美容師にどんなデメリットがあるの?

インボイス制度導入で
『面貸し/委託美容室が対策を練ってくる』と思いますが

今考えられる影響としては

フリーランス美容師の
利益が下がる
失脚するリスクが増える
手間が増える

以上の可能性があります

詳しく紹介して行きます
『考えられるパターンは4つ』です

 お金の管理(レジ)を各スタイリストでやる

フリーランス美容師が個々でレジ金を準備し
お金のやり取りをスタイリストとお客様間でやる

レジを分ける事で、お店側はスタイリストに領収書を発行する
それにより、お店の消費税分のマイナスが無くなり
スタイリストの歩合もそのままに出来ます

その際に考えられるメリット・デメリットは↓

【デメリット】
・お釣り銭の準備が大変
・スタイリストが発行した領収書の消費税分は、お客様が経費に出来ない(失脚のリスク)

【メリット】
・歩合はそのまま

 面貸し/委託美容室の歩合の割合が下がる

各スタイリストでレジを管理すると
先ほど言った、失脚のリスクがあるので
(免税事業者が発行した領収書の場合)

今まで通りお店のレジを使い、お店の負担を歩合を下げる事で調整する

お店でレジを管理し領収書を発行すれば、お客様に負担をかけない

その際に考えられるメリット・デメリットは↓

【デメリット】
・歩合が下がるので、単純に利益も下がる
※歩合がどれくらい下がるか?は
『所属している面貸しや委託美容室』の対応で変わると思います

【メリット】
・お客様の失脚のリスクの回避

 

 面貸し/委託美容室とフリーランス美容師と歩合の折半

フリーランス美容師と、面貸し/委託美容室が負担する
消費税分を折半する

その際に考えられるメリット・デメリットは↓

【デメリット】
・歩合が下がるので、単純に利益も下がる

【メリット】
・お客様の失脚のリスクの回避
・お互い痛み分け

 

 面貸し/委託美容室が完全負担

これが、一番理想なパターンです
やり方も歩合もそのままで、お店が消費税分を負担

その際に考えられるメリット・デメリットは↓

【デメリット】
デメリット無し

 

 インボイス制度導入で、フリーランス美容師が出来る対策

以上紹介したのは、面貸し/委託美容室の決定なので、祈るだけです

では、それまで
『僕たちフリーランス美容師は指を咥えて見ているのか?』それでは勿体無いです

自分たちで出来る対策があります
それは、
シンプルに年間売り上げを1000万円以上にすること

そうすれば、インボイス制度によるデメリットはほとんど無くなります

確かに、消費税を払う必要が出来てきますが
今まで消費税を免除してもらって有難かったと思い

次のステップに進む為にも、年間1000万を目指すのが良いと思います

月の売り上げで、83.3万円
一人でも十分稼げる売り上げですし、83.3万円の売り上げがあれば
月間50万〜60万円の利益を出せます

僕自身、月100万円以上の売り上げをあげられているので、
難しい数字ではありません

こはま
インボイス制度が導入されるなら、これを機会に
売り上げを1000万以上あげる活力にし、
【自由で稼げるフリーランス美容師になって欲しい】と思います

以上
『インボイス制度がフリーランス美容師を殺す?デメリットを紹介』でした


 

表参道の少人数制シェアサロン/メンバー募集

メンバーを一名募集します!!
面貸しの様に自由に働けて、成長できる少人数制のプライベートシェアサロンです
65%保障(最大70%バック)
※表参道アップルストアより徒歩4分

ライン@/E.Mailどちらでも、ご気軽にお問合せ下さい

ライン@/E.Mail

OMOTESANDO APARTMENT
CHARLIE KOHAMA

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)