OMOTESANDO APARTMENT美容室|表参道・美容院

OMOTESANDO APARTMENT美容室|表参道・美容院

おすすめの美容アイテム

紫外線による髪の毛のダメージと対策【髪色を持たせる方法】

夏になると

「髪の毛の表面だけ明るくなる」
「手触りが悪くなる」

と感じている方!!

 

それらの原因は、紫外線の仕業です。

実は紫外線が一番強い5月。
それに伴い髪の毛への対策が必要となってきます。

 


そこで今日は 

 紫外線による髪の毛のダメージと対策方法

 

について書きたいと思います。

※5月は一年で一番紫外線が強いと言われていますが、これは(UV-A(A波))の事です。
UV-A(A波)の事をもっと知りたい方はこちらのブログで
【紫外線】「5月がもっとも危険ってほんと?」調べてみた

 


紫外線が髪の毛に与える影響

  1. 髪の毛のダメージがすすむ
  2. カラーの退色がすすむ
  3. 手触りが落ちる
  4. 髪型の再現性やまとまりが悪くなる

など、良い事は1つもありません。

 


それでは、どうしたら良いのか?その対策は?

①コンディショナーを使う
コンディショナーは髪の毛の表面をコーティングしてくれるので、紫外線から髪の毛を守ってくれます。
※コンディショナーの種類によりますが、最近はコンディショナーにUV効果がある物もあります。

②スタイリング剤
流さないトリートメントやワックス等を付けると、髪の毛をコーティングしてくれる為、紫外線対策の効果あり。

③帽子・日傘
 直接日差しから守ってくれる、この方法が一番効果的

④UV系のアイテムを使う。
これは、①・②よりも効果的かつ、簡単なのでおすすめ

今はシャンプー、トリートメント、UVカットスプレー等
UVをカットしてくれるアイテムがたくさん出ています。
それは、紫外線が強くなっていると同時に、紫外線が与える髪の毛への影響があるという事を表してもいるのです。

 
 
※このサイトに多くのUVケアのアイテムが紹介されています。
紫外線のダメージから 美しい髪を守るには?

 

中でも、このアイテムがおすすめ
ナプラ ミーファ フレグランスUV
⇒ミーファ フレグランス UVスプレー 〈80g〉

  • 「SPF50+」「PA++++」
  • スプレータイプなので、使いやすい
  • 紫外線対策としてだけでなく、使用感も良く艶感もアップ
  • 小さいので持ち運びしやすい
  • 何種類かの香りがあり、自分好みのタイプを選べる

 


紫外線が多い時期

 5月~9月

時間帯

 10時~14時の間

 

特にこの間の外出時はUV対策が必要です。

 

 

まとめ

トリートメントや、シャンプーでケアするのも大切ですが、先ずは痛ませない事が基本です!!
そして、意外に意識をしていない紫外線対策。
 この対策をするだけで、サロンでのカラーの色持ちも、セットのやりやすさも、髪の毛のダメージも良くなります。
肌だけでなく、髪の毛への紫外線対策をお忘れなく。

 

 

 

 

OMOTESANDO APARTMENT
KOHAMA

  • 人気の記事
  • Pickup!
  • Category
  • Tag Cloud