OMOTESANDO APARTMENT美容室|表参道・美容院

OMOTESANDO APARTMENT美容室|表参道・美容院

髪の毛・頭皮のケア

頭皮の臭いが気になったらやりたい3つの対策・乾かす編・

近、頭皮の匂いが気になりはじめたので、毎朝シャンプーをしている30代後半働き盛りの『こはま』です。
マンツーマンでの接客をモットーとしているのに、担当しているスタイリストの頭皮が臭い!!
じゃ、これはもう地獄です。。。そして、笑い話にもなりません(切実)

実は、僕だけでなく30代に入ってくると、頭皮の臭いが気になると言う女性も増えています。
思わず振り返ってしま様な香りが理想ならば、そこを目指したい!!

っと、いう事で今日は頭皮の臭い対策の話です。

 

『頭皮の臭いが気になったら気をつけたい3つの対策』

3つのPOINT
①頭皮を乾かして寝る←今ここ

シャンプーの選び方

シャンプーの仕方

 

 頭皮(髪の毛)を乾かしてから寝る


そんな事は、分かっているよ!!なんて、言う方もいるかもしれませんが、
内心ドッキッっとしている方や、出来ているつもりでも知らず知らずのうちに頭皮に負担をかけている事があるかも知れません。

みなさんこんな事していませんか?

ターバンをした状態で時間を置いてから乾かす方!!
※髪の毛が長い人に多いです
⇧これ、めっちゃに頭皮に良くないです!!

 

では、なぜダメなのか?。。。
梅雨時で洗濯物を回して室内で乾かした時をイメージして見てください。
じっくりと乾いていく洗濯物。
やっと乾いたと思ったら、生乾きになってしまって嫌な臭いが残ってしまいます。

そして、そこは雑菌の温床になっています。
それと同じ状況に頭皮もなっていると思うと想像しやすいと思います
(想像したくないですが。。。)

 

しかも、

  • 蒸れた状態な湿度
  • シャワーを浴びたての温度
  • 雑菌の大好きな皮脂や皮膚!!

洗濯物よりも雑菌が湧く条件がそろっているのです!!
その状態が10分〜20分〜30分。。。と続くと思うと、考えるだけでゾッとします。

 

そして、臭いだけで無く、抜け毛、ボリューム低下、髪の毛の艶が出ない等、沢山の弊害が出来ています。

直ぐ髪の毛を乾かすのは時間もかかるし、面倒だと思いますが、シャンプーをしたら出来るだけ早く乾かしてあげましょう。
※生乾きの状態で乾かすのをやめても雑菌は湧くので同じです。

しかも、地肌を中心にしっかりと乾かす事が大切です。
ちょと濡れているけど、あとは自然乾燥で。。。なんて言うのもダメです!!

しっかりと乾かす事(乾いている事)が大切です。


この話をお客様にお伝えすると、

ドライヤーで髪の毛が痛むのが心配と言う方がいますが

 

しかし、問題はありません!!
今回はテーマが違うので説明は簡単にしますが、

ドライヤーを使って痛む時は、先ほどお伝えした、『直ぐに乾かさない方』に起こるケースです。

こんな感じの流れ、
自然乾燥により、毛先が乾きつつある状態からのドライヤー⇒毛先が乾き過ぎる⇒乾燥する(オーバードライ)⇒ダメージにつながる

しかし、全体が濡れた状態(毛先にも水分量がしっかり残っている状態)からドライヤーで根本から乾かし始めたら乾かし過ぎることはまりません。


以上の事を実施することはとても簡単で、とっても大切な事です!!

 

男性に限らず、
・頭皮の臭い・薄毛・髪の毛の艶
が気になる方は本日からやってみて下さい。

記事が長くなったので、次号に続きます

 

次号は頭皮の臭いが気になる時に選びたいシャンプーです。

次号 シャンプーの選び方は↓

 

OMOTESANDO APARTMENT
written by こはま

OMOTESANDO APARTMENTとは

東京都内【表参道/青山】ある、完全マンツーマンのプラベートサロンの美容室です
シャンプーから仕上げまで完全マンツーマンなので、髪の悩みや髪型の相談など、親身になってご提案させて頂きます

また、【ライン@】で友達登録して頂けると、ご自宅に帰ってからでも担当スタイリストにご気軽に相談・質問が出来ます
『髪の毛の乾かし方や巻き方』お店で聞いたけど忘れてしまった事など、何なりとお聞きください
※表参道アップルストアより徒歩4分